ジェネリック医薬品の増加 | 放っておかずに、EDは積極的に治していきましょう!
menu

ジェネリック医薬品の増加

ピンク色の錠剤と白い錠剤

皆さんはジェネリック医薬品というものをご存知でしょうか。ジェネリック医薬品は今いろんな医療機関で注目されている医薬品のあたらしい販売の仕方です。実は前から存在はしていましたが、ここ数年で特に注目をされるようになったのです。では、ジェネリック医薬品とは何かここで解説していきましょう。
国内で一から医薬品を開発、販売まで行うには莫大な時間と経費がかかってしまうのです。
まず、開発を行うには人材が必要になります。
そして、開発のための道具、施設が必要になります。もちろん、材料も必要です。これらを準備して継続させていく年数は2、3年の時間ではありません。なんと、10年は考えておく必要があるのです。このときに必要な経費は数億円以上になっています。こんな余裕はどこの製薬会社にもないのです。しかも、必ず10年で完成するとも限りません。ですが、ジェネリック医薬品は海外ですでに完成しているものを日本のメーカーが日本人の口に合うように改良して販売しているので、コストを少なくして患者さんに提供することができるのです。もし、国内で完成しても、かなりの高額な医薬品になってしまうので販売しても元を取ることが難しいのです。このジェネリック医薬品は国が注目して、いろんな医療機関に推奨しています。これからもっと増えて安く医薬品を手に入れることができるのです。種類が増えて、もっと身近な医薬品になればもっと種類も増えて、さらに安全性を高まっていくでしょう。